動物性脂肪は過剰摂取は危険?

中性脂肪が増える原因は様々ですが

 

その原因のひとつに「動物性脂肪」の摂取過多が挙げられます。

 

動物性脂肪が多く含まれている食品は、中性脂肪やコレステロール値を高くしてしまうんです!

 

脂身の多い肉類やベーコン、フライなどの揚げ物、チーズ・アイスなどの乳製品、

 

マグロのトロの部分やトロサーモン、あんきも、鰻、

 

卵黄・バター・生クリームをたっぷり使用した洋菓子や

 

ラード・バターが多く使われているスナック菓子などにも多く含まれています。

 

動物性脂肪に含まれる「飽和脂肪酸」は中性脂肪が上がりやすい脂肪なんです!

 

中性脂肪は体温調整や臓器を守る働きがあり、数値が下がりすぎるとこの機能が低下して

 

エネルギーを補うことができなくなるため、慢性的な疲労を感じて体を正常に動かせなくなるんですよ。

 

なくてはならない「エネルギー源」なんです!

 

問題なのは、脂肪そのものではなく「過剰摂取・溜め込みすぎ」なんですよね。

 

そのためには毎日の食生活を見直して工夫し、適度な運動を取り入れることが一番です!

 

肉や魚に偏らずに野菜類を多く、規則正しくバランスよく栄養を摂取することを心掛けましょう。

 

動物性脂肪とは