中性脂肪を下げるサプリの選び方は?

中性脂肪を下げる効果があると言われているDHA.・EPA、ナットウキナーゼといった成分がありますが、
特に厚生労働省も摂取をすすめているDHA.・EPAを毎日とるのがおすすめです。

 

実際に某製薬会社の調査で、DHA.・EPAをとることにより中性脂肪がさがるデータがありますし、消費者庁も「食品の機能性評価モデル事業」の一環で、食品成分の機能性の評価結果DHA.・EPAを最高ランクの結果を載せています。
中性脂肪を下げるサプリ選ぶ 

 

ということで、高品質で続けやすい価格からリピート人気のDHA.・EPA中心にランキングしてみました!

 

 

 きなり
 

「きなり」の特徴とポイント、

 

@DHA・EPA含有量、1日4粒の中に500mg
A酸化しにくする必須脂肪酸のクリルオイルとアスタキサンチンが含まれています。
Bナットウキナーゼ(血栓を溶かしてくれる)も含まれていてサラサラ。
Cソフトカプセルで魚臭くないので習慣付けしやすい。
D安心の15日返金保証で保証してもらえるのは、良心的。
E定期購入でさらに33%お得になっています。

 

これだけ贅沢にこだわりの素材が入って、毎日続けやすい価格になっているのはうれしいですね。
リピート率が高いのは、内容の確かさとコスパの良さとでしょう。


 

DHA含有量 1日4粒 価格 オススメ度
450mg 初回1,980円(税込) 1日66円  

>>きなり詳細はこちら<<

 

 健知箋EPA&DHA
 

「健知箋EPA&DHA」の特徴とポイント、

 

@初回に限りわずか「1000円(税込・送料無料)」で購入することができる
A定期便コースは回数縛りなし、気にならないときはいつでも解約できる
B無臭なので、周りに気を使わなくても大丈夫、魚嫌いなお子様もOK
CEPA&DHAはなんと「750mg」
D特許を取得したシームレスカプセル
E製薬会社が作っているので安心

 

 

DHA含有量 1日2粒 価格 オススメ度
550mg 初回1000円(税込)   

>>美健知箋EPA&DHA詳細はこちら<<

 

 やわたDHA&EPA
 

「やわたDHA&EPA」の特徴とポイント、

 

@DHA・EPA含有量、1日2粒の中に400mg
A定期の回数縛りなし、時期を早めたり遅らせたりも可能
Bカプセルもフィッシュゼラチンでこだわり
C青魚の産地カツオ鹿児島、イワシペルー
D健康補助食品GMPの認証取得工場で製造
 
 

DHAEPA含有量 1日2粒 価格 オススメ度
400mg らくらく定期便2,052円(税込) 通常価格2,160円(税込)  

>>やわたDHA&EPA詳細はこちら<<

 

 さらさら青魚
 

「さらさら青魚」の特徴とポイント、

 

@業界トップラスのEPA含有量
A1粒の容積は業界最小。飲み込むのが苦手な方におすすめ
B1粒には赤ワイン1杯分のレスベラトロールで酸化を防ぐ
Cマグロは安心の国内産
D1日あたり38円だから、手軽に健康維持

 

EPA含有量 1粒当たり 価格 オススメ度
クロマグロ赤味4切れ分 初回500円(税込)   

>>さらさら青魚詳細はこちら<<

 

 やずやの青魚の知恵
 

「やずやの青魚の知恵」の特徴とポイント、

 

@DHA・EPA含有量、1日2粒の中に128mg
A発酵させたカタクチイワシの魚エキス
Bマグロ由来のDHA、イワシ由来のEPA
Cタラの骨由来のカルシウム
D魚由来カプセル使用
E愛用者8万人突破の実績

 

香りがすこし鰹節のような感じですが、味はカプセルなので安心魚臭さを感じず、魚きらいな方でもOK

 

DHA含有量 1日2粒 価格 オススメ度
128mg 初回1,080円(税込)   

>>やずやの青魚の知恵詳細はこちら<<

 

なぜ?中性脂肪値は上がるの?

中性脂肪の値はなぜ上がっていってしまうものなのでしょうか?
中性脂肪の値は人間が食べたものによって変化していくことが多いので、日ごろ何を食べているかという食事が一番の問題になっているといえるでしょう。

 

中性脂肪を貯め込みやすい食品を多く摂取していると、数値も上がっていってしまいます。
食事はバランス良く食べることが大切で、肉類だけ魚類だけ食べるというのではなく、たんぱく質や野菜なども一緒にとらなければなりません。
 
 

 

油の多いものばかりを摂取していて、運動を一切せず食べ物と一緒にアルコールなどをたくさん摂取していると、中性脂肪がどんどん蓄積されていってしまうのです。

 

 

日ごろ摂取している炭水化物も、過剰摂取してしまうことで中性脂肪の値が上がってしまう原因となります。

 

炭水化物はインスリンの上昇を招くので、インスリンを作っている膵臓に負担をかけてしまうからです。

 

動物性脂肪は中性脂肪を増やしてしまう

 

動物性脂肪が多い食事をしていると、中性脂肪を増やしていってしまうと言われています。

 

動物性脂肪が多い食品というのは具体的にいうと、
豚肉や牛肉の脂が多い部分、チーズ、バター、ソーセージ。ハム、生クリームなどで牛乳や乳製品、肉類などのことを指します。
またケーキやチョコレートなどの洋菓子にもたくさん含まれていますので、間食などをよく摂取する習慣のある人は、中性脂肪が高くなることを気を付けなければなれません。
 
動物性脂肪には、飽和脂肪酸が多く含まれているために、心臓や血管などの病気のリスクを高めてしまうということが考えられます。
結果中性脂肪も高くなっていってしまうことに繋がるのです。動物性脂肪を分解するためには、野菜を食事の時に一緒に摂取するということがとても大切です。

 

もちろん動物性脂肪は活動するためのエネルギー源になるので、最低限の摂取は必要と考えられますので食べ過ぎに注意しましょう。
 

 

中性脂肪と体型の関係、痩せているからといって安心ではないの?

脂肪にはいろんな種類があります。

 

大きく分けると、中性脂肪・脂肪酸・リン脂質・コレステロールの4種類。

 

この4種類のうち、体内の9割は中性脂肪なんですよ。

 

中性脂肪とは、気になる贅肉・体脂肪のこと。ぽっこりお腹も、この中性脂肪が原因なんです!

 

 

 

「最近太ってきた」「ウエストが太くなってきた」など

 

肥満体型の悩みを抱えてる方は、中性脂肪のせいかもしれません。

 

お腹や腰周りにはつきやすいんですよね。いわゆるメタボ体型です。

 

でも「中性脂肪の数値が高い=肥満」とは限らないのをご存じでしたか?

 

中性脂肪が高いと太ってるイメージがありますが、中性脂肪と体型は関係ないんです。

 

太ると増えやすい脂肪ではありますが、最近はスリム体型でも中性脂肪が多い人が増えています。

 

中性脂肪は「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類。

 

 

 

内臓脂肪は体の中のことで、直接的に体型には現れることがないので

 

痩せ型で中性脂肪の数値が高い方は、内臓脂肪が多いことが考えられます。

 

男性は内臓脂肪になりやすく、女性は皮下脂肪になりやすい傾向があるんだそうです。

 

若くても、スリム体型でも、注意しないといけないことを覚えておきましょう。 

きなりのクチコミ

病院で中性脂肪が高いから食生活を変えるようにと言われたのですが変えると言われても、なかなか好きな食生活はやめられず途方に暮れていました。

 

食事制限はとてもきついので、何かいいもので摂取できるものかないのかいろいろと探していたところ、「きなり」を友人からとても良いと勧められて、半信半疑で飲み始めました。

 

最初はサプリメントを飲んでそんなに変わることはないだろうと思っていたのですが、本当に中性脂肪の値が良くなっていったんです!びっくりしました。とくに「きなり」にはアスタキサンチンという酸化を阻止する物質が入っているとのことで、より効果が表れているらしいのです。

 

サプリメントはなかなか効果が目に見えにくいと思っていたのですが、実際数値にきちんと現れていったので、間違いなく良い成分が入っているのでしょう。

 

確信して良いものと実感しています。勧めてくれた友人にも感謝です。

 

 

>>きなり詳細はこちら<<